既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

就活 エージェント 就活 コツ 就活 面接対策 就活 書類選考

既卒の就活を成功させる「空白期間」についての模範解答はコレだ!

投稿日:

 

こんにちは。就職エージェントを利用して既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!

 

既卒の就活を成功させるにためには、「働いていない空白期間」について面接でしっかりと説明できることが重要です。

 

そんな空白期間に関する模範解答を、元既卒フリーターで現在は大手自動車部品メーカーで働く僕の経験を元にご紹介していきます!

 

既卒が就活で不利になりやすいのは空白期間が原因!

 

「既卒者は新卒と比べると就職で不利になりやすい」といった話を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。

 

企業によって異なりますが、既卒者に対して色眼鏡で見る面接官は多く、その理由の一つが空白期間の存在ですね。

 

空白期間とは、具体的にいうと以下のような期間です。

 

・履歴書や職務経歴書へと記せる内容のないブランク期間

・就業したり働いたりしていない期間

 

語学留学や資格の勉強、病気や家庭内の事情など理由には個人差があるものの、「職務経歴書へと記せない=空白期間」ととらえられてしまいます。

 

空白期間が長ければ長いほど、「何をしていたのかな?」「ずっと遊んでいたのかな?」と面接官に思われても仕方がありません。

 

これが既卒の就活で不利になりやすい原因の一つで、特に働いていない期間、いわゆるニートの期間が長いと必然的に就職先の選択肢が狭まってしまいます。

 

既卒の就活を成功させる空白期間についての模範解答!

 

僕自身も学生でもなく会社員でもない空白期間が以前にありました。

 

武田(昔)
ミュージシャンの夢を追いかけて全身全霊で努力し、生活費を稼ぐ目的で漫画喫茶のアルバイトをしていた懐かしい時代ですね。

 

しかし、既卒フリーターで一定の空白期間があった僕でも、今は大手自動車部品メーカーに就職することができました。

 

そもそも、既卒期間のボーダーラインは次のように1年間という大まかな目安があります。

 

・卒業してから1年以内であれば、就活を続けていたと言えば面接官も納得してくれる

・卒業して1年間以上が経過している場合は、空白期間について突っ込まれる可能性が高い

 

1年を過ぎても学生や正社員でもない状態の既卒者は、面接官から理由を聞かれやすいですよ。僕も2年間フリーターをやっていましたので、ほぼ全ての面接で空白期間の過ごし方について聞かれました。

 

そこで、既卒の就活を成功させる空白期間についての模範解答ご紹介しますので、「本当に大丈夫なの?」と不安を抱えている既卒者の方はぜひ以下を参考にしてみてください!

 

既卒になった理由を説明する

 

就活の面接で既卒になった理由をきちんと説明すれば、空白期間があっても大丈夫です。

 

武田
今まで多くの既卒者を見てきている面接官であれば大体の理由は予想していますので、次のように正直に答えましょう。

 

・内定がもらえなかったのは、企業研究やコミュニケーション力が不足していたことが原因だと考えています

・公務員試験にチャレンジし続けるも失敗してしまいました

・就職活動に失敗して塾講師のアルバイトをしていました

 

「面接官に良いイメージを持ってもらおう」と考えて嘘をつくのはダメです。

 

面接官は空白期間について深く突っ込んできますし、正しく答えられなければすぐに嘘だとバレてしまいますので、たとえ恥ずかしいと思う理由でも事実を伝えるのが既卒の就活を成功させるポイントとなります。

 

空白期間が生まれた事実に対して反省している

 

正直に事実を伝えることは大切ですが、「ニートが楽だと思いました」「働いたら負けかなと思っています」なんて答える既卒者を採用する企業はありませんよねw

 

面接官は空白期間の有無ではなく、以下のようなポイントを見て採用する価値があるのかどうか判断しています。

 

・この人は成長できそうか

・勉強する意欲を持っているのか

・考える力やコミュニケーション力はあるか

 

会社の力となりうる人材を欲しがるのは当然ですので、自分を客観視して空白期間が生まれた事実に対して、真剣に反省している姿勢を見せるのが大事です。

 

今どんな努力をしているのか伝える

 

今どんな努力をしているのか上手く伝えることができれば、空白期間の長い既卒者でも正社員になることはできますよ。

 

武田
僕が考える、現状を打破するための努力の例はこんな感じです。

 

・○○の資格を取得するために独学で勉強している

・アルバイトをしてコミュニケーション力を磨いている

・◯◯会社のインターンシップをしている

 

「○○を心掛けます」と言っても行動が伴わなければ意味がないので、既卒フリーターの方は自分から積極的に動く努力を今すぐ始めましょう。

 

まとめ

 

武田
以上のように、空白期間ができた理由や今努力していることを面接官へと伝えていれば、既卒の就活を成功へと導くことができます!

 

空白期間に関する理解に加えて、就職エージェントに登録してプロのコンサルタントやアドバイザーのサポートを受ければ鬼に金棒です!

 

僕は就職エージェントのハタラクティブのサポートのおかげで、アルバイトをしていた空白期間があったにもかかわらず、超ホワイト企業の大手自動車部品メーカーに正社員として入社できました。

 

ハタラクティブは20代のフリーターや既卒専門のエージェントサービスですし、「正社員成功率は80.4%」「就職支援実績は約6万人以上」と高い実績を持っていますので、以下の公式ページから無料登録し、ぜひ利用してみてください!

 

ハタラクティブ

人気記事

1

  こんにちは。既卒フリーターから自動車部品メーカーの正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   正直にいうと、既卒、フリーター、第二新卒の就職活動は、新卒に比べる ...

2

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   早速ですが、皆さんは既卒の就職活動をサポートしてくれる就活エージェントを使っていますか ...

3

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できまし ...

-就活 エージェント, 就活 コツ, 就活 面接対策, 就活 書類選考

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.