既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

就活 コツ

既卒の就活でも大手に内定する方法!元既卒フリーターが教えます!

更新日:

 

こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できました!

 

今回の記事で、既卒の就活でも大手へと内定する方法をまとめてみましたので、ぜひご参考にしてみて下さい!

 

既卒の就活でも大手に内定する方法をチェック!

 

「自分は既卒フリーター、第二新卒だから大手の企業へと内定を貰うことはできない・・・」と諦めていませんか?

 

武田
僕もフリーター時代はこのように考えていましたが、実際に大手の子会社へと入社でき、バリバリ働いていますよ!

 

 

・新卒でなければ大手企業への就職は無理
・自分はフリーター生活を続けるしか道はない

 

こんな悩みを抱えている方のために、既卒の就活でも大手に内定する方法をご紹介していますので、ぜひご覧下さい!

 

大手の企業ほど既卒を採用している

 

意外だと感じる方は多いと思いますが、大手の企業ほど実は既卒を採用しています。

 

大手の企業⇒採用枠が多く、様々なタイプの学生や既卒の人材を確保したいと考えている
中小企業⇒大手ほど資金に余裕がなく、採用枠自体も当然のように少ない

 

中小企業よりも採用枠が多く、更に人材の多様性の確保を重視しているからこそ既卒者でも大手に内定する可能性は十分にあるわけですね。

 

具体的にどんな企業が既卒を受け入れているのか、いくつか見ていきましょう。

 

・自動車メーカーの「トヨタ自動車」
・電機メーカーの「パナソニック」
・食料メーカーの「アサヒグループ」
・重工メーカーの「JFEスチール」
・製薬メーカーの「武田薬品工業」
・半導体・工作機械メーカーの「東京エレクトロングループ」
・部品メーカーの「デンソー」
・情報通信サービスの「NTT東日本」

 

以上のような、日本が世界に誇る大手企業が、新卒以外に既卒の採用枠を設けていますので、あなたにも必ずチャンスはあります。

 

今まで既卒だった理由を面接で説明できる

 

大手の企業から内定をもらう上で欠かせないことは、「今まで既卒だった理由を面接で説明できるかどうか」です。

 

既卒者が不利になりやすいのは、就活で失敗した人と見られやすいのが一番の理由で、企業の面接官はほぼ必ず以下の質問をしてきます。

 

・なぜ既卒という道を選んだのですか?
・就職活動は失敗してしまったのですか?
・卒業してから今まで何をしていましたか?

 

このような質問に対して、「何もすることがなくて既卒になりました」「フリーターの方が楽だと思ったからです」「ただ何となくで特に理由はありません」といった回答ではダメですよね。

 

僕は既卒フリーターをしながらバンド活動をしていましたので、「ミュージシャンになるために日々練習に励み、生活費を確保するために漫画喫茶でアルバイトをしていました」といった流れで説明していました。

 

 

ネガティブで少し意地悪な質問に対して、面接官が納得する回答ができなければ内定をもらうのは難しいので、既卒フリーターの方ほど念入りな面接対策を事前に行いましょう。

 

自己PRを充実させて自分をアピールする

 

既卒の就活で大手に内定するには、自己PRを充実させて自分をアピールするのが大事です。

 

企業はあなたのポテンシャルを見るために自己PRを重視する傾向があり、この点では新卒も既卒も大きな違いはありません。しかし、既卒者にはより必死さが求められるため、志望動機をしっかりと語って自分をアピールし、やる気を見せるのが内定を獲得する上でのコツですね。

 

そんな重要な自己PRを作るにあたって、僕が実践した内容をいくつかご紹介します。

 

・自己分析で自分の良くない部分と悪い部分を見つけ、長所をアピールする
・企業の求める人材像を意識して志望動機を書く
・インパクトを大きくするために自分を表現するキャッチフレーズを探す
・困難に直面した際にどのように乗り越えたのかエピソードを交える
・企業に合わせて未来への展望を話す(面接官は会社の役に立つ人材なのかチェックしているから)

 

自己PRや志望動機で自分を上手くアピールできないと、「この人が欲しい」と面接官へと思わせることはできません。

 

自己PRは自分のことを深く知らなければ上手く表現できないので、まずは自己分析から始めてみて下さい!

 

できる限り多くの企業へと応募する

 

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」というわけではありませんが、既卒者が大手の企業から内定をもらうには、できる限り多くの企業へと応募すべきです。

 

「どうしても○○に入りたい」と考える気持ちは痛いほどよく分かります。僕も、ずっと音楽を続けてきましたので、絶対に音楽関係の仕事につきたかったからです。

 

 

しかし、新卒と比べて厳しい状況に置かれやすいのは事実ですので、求人情報をくまなくチェックして、少しでも興味が持てそうなら、できる限り多くの企業へと応募しましょう。

 

特別なスキルを持たない既卒フリーターの僕でも大手自動車部品メーカーの子会社に入社できましたので、あなたを必要としている企業は絶対にあります。(最初は何で俺が自動車部品メーカー!?と思いましたが笑)

 

さらに私事ですが、今の会社は土日が必ず休みで、平日もほぼ定時退社できるので、大好きな音楽に割く時間もむしろフリーター時代より増えています。ブルゾンちえみじゃありませんが、「あぁ、正社員になれて、よかった」と心から思っています!

 

まとめ

 

既卒フリーター、第二新卒の方が大手企業から内定を得るには、絶対に就職支援サービスを利用すべきです私は、ハタラクティブというサービスを利用して、今の会社の正社員になることができました。もうそれはそれは、履歴書の書き方から面接対策まで大変お世話になりました。

 

ハタラクティブは「正社員への内定率が80.4%」と高い実績と評判を残しているサービスですので、既卒フリーター、第二新卒の方はぜひ積極的に利用してみてください。本当に心強いサービスを無料で受けられます!

 

今回の記事が、皆さんが正社員として就職・ご活躍するきっかけになればとても嬉しく思います!

 

ハタラクティブ

人気記事

1

  こんにちは。既卒フリーターから自動車部品メーカーの正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   正直にいうと、既卒、フリーター、第二新卒の就職活動は、新卒に比べる ...

2

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   早速ですが、皆さんは既卒の就職活動をサポートしてくれる就活エージェントを使っていますか ...

3

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できまし ...

-就活 コツ

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.