既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

就活 コツ

既卒の就活を有利にする資格3選! 元フリーターの僕が教えます

投稿日:

 

こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!

 

既卒の就活を有利に進めたいと考えている人は、資格を取得する勉強に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

それでは早速、どんな資格を持っていると就活で有利になるのか、元フリーターの僕が教えます!

 

既卒の就活で資格を取得するメリットをチェック!

 

僕は既卒の就活において、資格を取得すると有利になると考えています。

 

資格を持っていることで他の人と比べて不利になることはありませんし、次のようにメリットは豊富ですよ。

 

・応募する企業の業種と関係している資格であれば採用率がアップする

・「自分は○○ができます!」と大きなアピールポイントになる

・大学や専門学校を卒業して既卒になったハンデをなくすことができる

・資格を取得することで自信を持って採用面接に挑むことができる

 

既卒者の求人で未経験者歓迎や学歴不問という企業は増えていますが、アピールポイントの一つとして就活に役立つ資格を持っておくのは実に良いでしょう!

 

既卒の就活を有利にする資格3選!元フリーターの僕が教えます!

 

資格の取得が既卒の就活を有利に進めてくれるのは紛れもない事実です。

 

しかし、どんな資格でも良いわけではなく、応募先の企業が魅力を感じるスキルや知識でなければあまり意味はありません。

 

武田
そこで、既卒の就活を有利にする3つの資格を元フリーターの僕が教えます!

 

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

 

仕事への熱意をアピールしたい既卒者には、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格がおすすめです。

 

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は、パソコンで使うオフィスソフトのスキルを認定する資格となります。

 

試験科目は次の5種類で、自分が入社したい業種や職種に合わせて決めるのがポイントですね。

 

・Word(ワード)

・Excel(エクセル)

・PowerPoint(パワーポイント)

・Access(アクセス)

・Outlook(アウトルック)

 

経理などの事務職を希望する方にとって非常に役立つ資格ですし、他の業種でも幅広い仕事で使えるのは間違いありません。

 

今の時代でパソコンを使わない仕事は皆無と言っても過言ではないので、資格の選び方で迷っている既卒者はMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取得する勉強をしてみてください。

 

TOEICで800点以上

 

TOEICとは「Test of English for International Communication」の略称で、英語力を検定する試験を指します。

 

英検と同じように、日本でもTOEICを受験する方の数は増えました。

 

TOEICで800点以上を持っていれば、こんなメリットがあるのです!

 

・英語を使う仕事につくことができる

・グローバルな企業で役立つ人材と認められる

・中小企業だけではなく大手企業からも重宝される

 

400点や500点など中途半端なスコアの場合、既卒の就活が有利になると言い切ることはできません。

 

しかし、800点以上というスコアは数少ない人だけが達成できますので、「英語力が高い」「英語を使ってビジネスができる」と自分をアピールするポイントの一つとなりますよ。

 

 

名称独占系の資格

 

幅広い業種に対応しているわけではありませんが、名称独占系の資格は応募する企業によって大いに役立ちます。

 

未経験歓迎という求人だとしても、特定の資格を持っているだけで内定を貰える確率は大幅にアップするのではないでしょうか。

 

具体的にどんな名称独占系の資格があるのかいくつかご紹介します!

 

・宅地建物取引士:不動産業界を志望する既卒者におすすめで、建物の売買や賃貸の管理ができる国家資格

・旅行業務取扱管理者:旅行サービスの取引に関する管理や事務ができることを証明する資格

・FP(ファイナンシャルプランナー):顧客の資産管理を行う仕事で、金融業界を志望する既卒者におすすめ

 

これらの資格はハードルが高いので短期間で取得するのは難しいものの、もし取れれば正社員の採用率が高くなるのは間違いありません。

 

まとめ

 

以上のように既卒者の就活を有利に進める資格はたくさんありますが、押さえておくべき点がいくつかあります。

 

・本当に入社した後に役立つのか考える

・どのくらいの期間で取得できるのか目安を把握する

・就活中のスケジュールと照らし合わせる

 

資格取得にはそれなりに時間がかかりますので、未経験で企業へと入社して正社員になってから勉強をしてスキルアップを目指すのも選択肢の一つです。

 

そこで、自分に向いている仕事や求められる仕事を把握したい既卒者には、就職支援サービスのハタラクティブの利用をおすすめします。

 

ハタラクティブは求人の紹介からビジネスマナーまで幅広く就活をサポートしてくれるエージェントサービスで、僕はこのおかげで大手自動車部品メーカーへと入社できました。

 

本当に資格を取得するに値するのか相談することもできますので、ぜひハタラクティブを利用してみてください。登録は1分で出来ますし、すべてのサービスが無料で受けられるので利用しない手はありません!

 

今回の記事が、皆さんが正社員として就職・ご活躍するきっかけになればとても嬉しく思います!

 

ハタラクティブ

人気記事

1

  こんにちは。既卒フリーターから自動車部品メーカーの正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   正直にいうと、既卒、フリーター、第二新卒の就職活動は、新卒に比べる ...

2

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   早速ですが、皆さんは既卒の就職活動をサポートしてくれる就活エージェントを使っていますか ...

3

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できまし ...

-就活 コツ

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.