既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

就活 エージェント 就活 コツ

既卒の就活で行われる主な筆記試験と対策まとめ!

投稿日:

 

こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!

 

「既卒の就活では面接官との面接が最も大事!」と思っている方は少なくありません。確かに、採用不採用を決める大きな要素が面接なのですが、想像以上に筆記試験も重要です。

 

つまり既卒の就活を成功させるには、筆記試験と面接の両方の対策をバランス良くこなしていく必要があるということです。

 

武田
そこで今回は、2年間の既卒フリーター生活を抜け出し、ホワイト企業へ入社できた僕の経験から、就活で行われる主な筆記試験と対策の方法について書いていきます!

 

既卒の就活で行われる主な筆記試験と対策をまとめてみた

 

多くの既卒者は就活の第一歩として、履歴書やエントリーシートの作成に取りかかりますよね。

 

武田(昔)
僕も既卒フリーター時代は、何回も書いては直してを繰り返し、とても苦労しました・・・

 

しかしそれだけでは十分ではなく、筆記試験の対策も忘れてはいけません。せっかく書類選考に通っても、筆記試験に通らなければ面接に進めないからです。

 

筆記試験を選考の中に組み込むことで、早い段階で優秀な人材をピックアップできるという企業側のメリットがあるため、ホワイト企業ほど実施してます。しっかりと対策した方が良いのは間違いありません。

 

武田
以下に既卒の就活で行われる主な筆記試験と、種類別の対策を詳しくまとめてみました。

 

一般常識問題

 

既卒の就活の筆記試験では、一般常識問題の対策を中心に行う必要があります。

 

一般常識問題とは、社会人として最低限は知っておいて欲しいレベルの問題のことです。具体的な例としてはこんな感じですね。

 

・日本の総理大臣の名前を漢字で書きなさい

・現在の円・ドルの為替レートを答えなさい

・サイコロを2回振った時に出るゾロ目の確率は?

 

いわゆる常識問題や時事問題が出題されるため、毎日の生活の中で新聞やテレビに目を通しておかなければなりません。今ならネットニュースも便利ですよね。

 

試験内容によっては何もしなくてもそこそこの点数が取れる筆記試験も多いのですが、不安な既卒者はテキストを1冊購入して対策しておくと良いでしょう。

 

また、専門職を希望する既卒者の場合は該当するジャンルで更に深い問題が出題される傾向がありますので、業界に合わせて研究してのぞむのが高得点をたたき出す秘訣です。

 

SPI3

 

企業の採用筆記試験の中でも、SPI3は最も多く利用されています。

 

SPI3は言語(国語)と非言語(数学)の2種類から成り立っていて、それぞれの試験で押さえておきたいポイントをまとめてみました。

 

・言語(国語)⇒同意語や反意語などの知識を把握し、長文読解ができるスキルを身に付ける

・非言語(数学)⇒複雑な難しい問題は出ないが、頭をひねらないと解けない問題も多い

 

武田
僕はSPI3が選考に含まれると分かっていたので、本屋で問題集を購入して対策しました。普段の知識だけではなくパターンを覚えるのもポイントとなるため、出題が確実な場合は対策しておきましょう!

 

小論文

 

一般問題とSPI3に加えて、既卒の就活では小論文も筆記試験の中に組み込まれることがあります。

 

小論文とは与えられた課題に対して自分の意見を述べるとともに、客観的な根拠を示すものですね。

 

多くの企業では求職者に小論文を書かせることによって、次の点を評価しています。

 

・業務知識

・論理的な力

・分かりやすい文章を書ける能力

 

武田
応募する求人の業界に合わせた課題が出題される傾向があるため、応募企業やその業務内容について研究するのが一番の対策だと言えるでしょう。

 

自分の意見を論理的に分かりやすく示す必要がありますので、「上手く書けない気がする」「どう説明すれば良いのか分からない」といった既卒者は、文章の構成について基礎から学ぶのがおすすめです。

 

CAB

 

エンジニアやプログラマーを目指す既卒者は、CABと呼ばれる筆記試験が出題されることがあります。

 

IT系の企業ほど求職者に対してCABを行うことが多く、一言で言うとコンピュータ職適性テストです。

 

応募する業種によっては優先順位を下げても大丈夫ですが、出題の可能性がある場合は、しっかりと対策してのぞみましょう!

 

まとめ

 

武田
以上のように、「一般問題」「SPI3」「小論文」「CAB」と既卒の就活の筆記試験によって、対策方法は異なります。

 

応募する求人に合わせて出題される筆記試験は異なりますので、不安な既卒者は就職エージェントのハタラクティブに相談してみることをおすすめします。

 

ハタラクティブは、あなたにピッタリの求人を紹介してくれるだけではなく、履歴書の添削や筆記試験の対策など、就活を全面的にサポートしてくれるのが魅力的です。

 

僕自身もハタラクティブのおかげで2年間の既卒フリーター生活から脱出し、ホワイト企業へ内定することができましたので、一人で就活している既卒者はぜひ利用してみてください!経験豊富な就活アドバイザーが、会社選びから入社まで丁寧にフォローしてくれますよ。

 

→ハタラクティブの公式ページで今すぐ無料登録!(30秒)

 

今回の記事が、皆さんが正社員として就職・ご活躍するきっかけになればとても嬉しく思います!

 

ハタラクティブ

人気記事

1

  こんにちは。既卒フリーターから自動車部品メーカーの正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   正直にいうと、既卒、フリーター、第二新卒の就職活動は、新卒に比べる ...

2

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   早速ですが、皆さんは既卒の就職活動をサポートしてくれる就活エージェントを使っていますか ...

3

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できまし ...

-就活 エージェント, 就活 コツ

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.