既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

就活 コツ

既卒で公務員を目指すなら、絶対に知っておくべき3つのポイント!

投稿日:

 

こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!

 

「自分は既卒だから公務員を目指すのは不可能なのでは・・・」と諦めている方はいませんか?

 

しかし、既卒でも公務員になることは十分にできますので、押さえておきたいポイントを3つご紹介します!

 

既卒で公務員を目指すなら、絶対に知っておくべき3つのポイントをチェック!

 

公務員試験を受けるに当たり、次のイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

 

・既卒者は新卒と比較してみると不利になる

・会社を退職したことのある人は受からない

・高校や大学を留年したことのある人は試験を受けられない

 

しかし、既卒やフリーターの方でも公務員の仕事内容や試験対策をきちんと把握していれば受かりますよ。

 

もちろん、新卒の時に社会人として就職することなくフリーターになり、公務員試験を受験する既卒者は一般的に社会人経験がないと見なされてしまいますので注意しなければなりません。

 

そこで、既卒フリーターから公務員になることも検討していた僕が、既卒者が公務員を目指す上で知っておきたい3つのポイントについてまとめてみましたので、安定した職業である公務員になりたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

自分がどんな仕事と携わりたいのか考えてみる

 

採用面接で、「自分は公務員であれば職種や業種は何でも良いです」と答えても、面接官へと熱意をアピールすることはできないですよね。

 

一口に公務員と言ってもたくさんの種類がありますので、自分がどんな仕事と携わりたいのか考えるのは既卒から公務員になるに当たって欠かせません。

 

国のために働く公務員の仕事は、以下のようにたくさんあります!

 

・特別職:「国会議員」「裁判官」「防衛省職員」

・一般職:「警察官」「海上保安官」「教員」

・行政職:「事務職員」「建設等の技官」「技術吏員」

・専門行政職:「植物防疫官」「家畜防疫官」「船舶検査官」

・税務職:「国税庁で租税の徴収などに従事する職員」

・医療職:「官職の医務官」「官職の薬剤師」

 

自分がどういった職種に就きたいのか考えて希望職種を元に出願し、公務員試験を受ける流れです。

 

試験に合格して就職できればリストラの心配がないのが公務員のメリットですが、一生涯に渡って働き続けるからこそ興味のある業種や職種を選ぶのがポイントとなりますよ。

 

社会人採用枠ではなく一般枠で受験する

 

教員職や公安職など職種によって多少の違いはあるものの、公務員試験は次の2つに大きく分けられます。

 

・一次試験:一般教養や専門分野などの筆記試験を行う

・二次試験:面接官との面接で複数回に渡って行われる

 

どの職種にしても、二次試験に合格できればあなたは晴れて公務員ですね。

 

武田
この公務員試験は社会人採用枠と一般枠の2種類から選択できますが、既卒者は社会人採用枠での受験はおすすめできません。

 

社会人採用枠は筆記試験における「専門分野」が省略される代わりに、以下のようなデメリットがあるからです。

 

・論文や面接など個人の人柄や今までの仕事の経歴が重視される

・社会人経験のない既卒フリーターは不利になりやすい

 

社会人としての経験不足で難しくなりやすいので、既卒で公務員を目指すあなたは社会人採用枠ではなく一般枠で受験しましょう。

 

面接対策を徹底して行う

 

公務員を目指すにしても一般企業の正社員になるとしても、既卒者は面接対策を徹底して行うのが重要です。

 

武田
僕は公務員ではありませんが、面接の時に自分の長所や魅力を自己分析して上手く伝えられたので大手自動車部品メーカーへと入社でき、日々充実した生活を送れるようになりました!

 

「本当に公務員の二次試験の面接を突破できるの?」と不安を抱えている方のために、既卒フリーターの面接対策をいくつか紹介しますね。

 

・新卒と同じように自己分析をして長所と短所をPRする

・何が何でも公務員になりたいという熱意を面接官へと伝える

・過去の経歴の課題や反省点を踏まえてどう仕事と向き合っていきたいのか答える

 

既卒フリーター時代にバイトリーダーの経験をお持ちの方は、仕事や業務でリーダーシップを発揮できる点をアピールするのも効果的ですよ。

 

 

予備校や就職エージェントでは模擬面接による対策ができますので、きちんと受け答えができるように準備しましょう。

 

まとめ

 

武田
以上のように、自分から一歩を踏み出す勇気があれば、既卒フリーターから公務員を目指す道を切り開くことはできます。

 

既卒者でも第二新卒でも、自己分析で自分の長所を客観的に見つめてみたり面接対策を徹底したりすれば公務員になることは可能です。

 

もし途中で公務員ではなく、民間で働く会社員を目指したくなった場合は、既卒者やフリーターのために用意された就職エージェントを利用すれば、僕のように正社員になることもできます!

 

僕はハタラクティブのサポートを受けたおかげで、2年間の既卒フリーターから脱出することができました。

 

ハタラクティブには未経験OKの求人もたくさん用意されていますので、既卒者の皆さんはぜひ一度利用してみてください!

 

今回の記事が、皆さんが社会人としてご活躍するきっかけになればとても嬉しく思います!

 

ハタラクティブ

人気記事

1

  こんにちは。既卒フリーターから自動車部品メーカーの正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   正直にいうと、既卒、フリーター、第二新卒の就職活動は、新卒に比べる ...

2

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   早速ですが、皆さんは既卒の就職活動をサポートしてくれる就活エージェントを使っていますか ...

3

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できまし ...

-就活 コツ

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.