既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

就活 エージェント 就活 コツ 就活 面接対策

既卒の就活で必ずされる質問と模範解答!大手に内定した僕が教えます

投稿日:

 

こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!

 

既卒の就活で内定を勝ち取るには、面接官から必ずされる質問を把握し、しっかりと対策しておくことが大事ですよ!

 

そこで今回は、既卒の就活で必ずされる質問と模範解答について、既卒フリーターから大手自動車部品メーカーへ内定した僕の経験を元に、ご紹介していきます!

 

既卒の就活で必ずされる質問と模範解答はこれだ!

 

既卒フリーターから正社員として就職するには、面接官との面接をクリアしなければなりません。

 

「書類選考は通るけれど、なかなか内定をもらうことができない・・・」といった方は、面接の対策が上手くできていない可能性がありますね。

 

以下に、既卒の就活で必ずされる質問と模範解答について詳しくまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

既卒になった理由

 

既卒になった理由は、100%聞かれる質問だと言っても過言ではありません。

 

日本では一般的に、大学や専門学校を卒業してすぐに企業に就職するので、面接官は既卒になってしまったあなたに対してこんな疑問を投げかけてきます。

 

・なぜ新卒の時に就職しなかったのですか?

・なぜ既卒になってしまったのですか?

 

既卒になる背景は就活に失敗したり、就活が面倒で何もしていなかったりと人によって様々ですが、答え方を間違えると「この人には何か問題があるのでは?」と疑われやすいので気を付けなければなりません。

 

既卒になってしまった理由に応じて、以下のように答えてみてはいかがでしょうか?

 

・就活で失敗した⇒「新卒では業界や業種を絞り込みすぎて失敗しましたので、今は幅広い分野に視野を広げて取り組んでおります。接客業のアルバイトの経験を活かして、営業職としての就職を目指しております。」

・緩く就活をしていた⇒「大学時代はアルバイトやサークル活動に力を入れすぎていて、就職活動には消極的になってしまいました。コールセンターやアパレルショップのスタッフとして働いたアルバイトの経験は非常に大きく、今は前向きな気持ちで就職活動に取り組んでおります。」

・単位の取得に追われていた⇒「大学3年まで学業を疎かにしていたことで単位が足りず、朝から夕方まで授業に出ていて就活に専念できませんでした。入学から就職を視野に入れることができなかった自分に反省し、今後は新しいことにも積極的にチャレンジしていきたいです。」

 

武田(昔)
僕の場合は就活で失敗したわけではなく、ミュージシャンの夢を追いかけたかったので、2年間フリーターをしていたと面接官に話しました。

 

面接官は、ちゃんと働いてくれる人材なのかを知るために、既卒になった理由を質問してきますので、どんな理由でもネガティブな内容で締めくくらないようにしましょう。

 

志望動機

 

「なぜ弊社を志望したのですか?」という質問は、既卒だけではなく新卒や中途採用の面接でも必ず聞かれます。

 

同じ職種や業種でも現在では数多くの企業がありますので、なぜ「ウチの会社」を選んだのかを面接官は知りたいのです。

 

志望した理由を面接官に伝える際に押さえておきたいポイントを、以下にいくつか挙げてみました。

 

・なぜその仕事をしたいと思ったのか自分の体験から考える

・応募する職種への理解度を深める(会社のHPは絶対に読み込む)

・志望する会社のどんな点が魅力的なのか考える

・その職種で活躍するために行っている努力を答える

 

「○○になりたいので御社を志望しました!」と回答しても、あまり説得力はありませんよね。

 

これでは他の新卒や既卒者と差を付けることはできないので、志望する会社で活躍するために、現在行っている努力も忘れずに伝えましょう。

 

空白期間の説明

 

面接官は既卒のあなたに対して、「就職していない空白期間は何をしていましたか?」といった質問もしてくるでしょう。

 

学校を卒業してから面接を受けに来るまでに、何かしらの目的意識を持って行動していたのかどうかを確かめるためです。

 

「就職が決まらなかったので遊んで暮らしていました」なんて言えば確実に落とされてしまいますので、空白期間に関する質問にはこんな風に答えるべきです。

 

・接客業のアルバイトをして営業職で役立つスキルを磨きました

・エンジニアを目指すために資格の勉強をしていました

・インターンへの参加で自分のスキル不足について知ることができました

 

「空白期間は○○をしていました」という事実に加えて、得ることができたスキルや経験を答えればさらに印象アップに繋がりますよ!

 

 

まとめ

 

武田
以上のように、面接で必ずされる質問を把握し、適切な答えを用意していれば、既卒の就活の成功率は確実にアップするでしょう。

 

とはいうものの、本当にこのまま本番の面接に臨んでも良いか不安という方には、就職エージェントのハタラクティブがおすすめです!

 

ハタラクティブでは企業に合わせて徹底的な面接対策をしてくれますので、本番でも焦らずに受け答えができました。

 

未経験OKのホワイトな求人を数多く取り揃えていますので、「早く就活を成功させて正社員になりたい!」という目標を持っている方はぜひ、ハタラクティブに登録してみてください。全てのサービスは無料で、Web上から30秒で登録できます!

 

→ハタラクティブの公式ページで今すぐ登録!(30秒)

 

今回の記事が、皆さんが正社員として就職・ご活躍するきっかけになればとても嬉しく思います!

 

ハタラクティブ

人気記事

1

  こんにちは。既卒フリーターから自動車部品メーカーの正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   正直にいうと、既卒、フリーター、第二新卒の就職活動は、新卒に比べる ...

2

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   早速ですが、皆さんは既卒の就職活動をサポートしてくれる就活エージェントを使っていますか ...

3

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できまし ...

-就活 エージェント, 就活 コツ, 就活 面接対策

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.