既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

就活 フリーター 就活 エージェント

フリーターから正社員を目指す面接での「間違いない志望動機」の伝え方!

更新日:

 

こんにちは。既卒フリーターから大手自動車部品メーカーの正社員になり、3年目を迎えた27歳の武田です!

 

フリーターから正社員になる時には、当然書類を書いて送ったり、採用面接を受けたりしますよね。

 

その採用面接で必ず聞かれるのが「志望動機」です。

 

アルバイトの面接でも聞かれることが多い志望動機ですが、正社員の場合は特に採用に直結する重要なポイントですよね。

 

さらに、アルバイトの志望動機と違ってちょっと伝え方にコツが必要です。

 

武田
そこで今回の記事では、既卒フリーターから正社員への就活に成功した僕が、フリーターから正社員を目指すうえで絶対に押さえておきたい、「間違いない志望動機の伝え方」をご紹介します!

 

絶対に志望動機に盛り込むべき2つのポイントは?

 

フリーターから正社員へ応募するとき、絶対に志望動機に盛り込むべきポイントは以下の2つです!

 

・就職せずにフリーターをしていた理由

・企業の即戦力になれるポイント

 

まず、学校を卒業してから就職せず、フリーターを続けていた場合は絶対に企業は理由を知りたがります。

 

なので、志望動機にも、なぜフリーターを続けていたかの理由を盛り込むようにしましょう。

 

武田(昔)
ちなみに僕は、ミュージシャンになりたくて夢を追っかけるためにフリーターをしていましたが、フリーターになった理由は人それぞれですよね。

 

このフリーターになった理由を上手に志望動機につなげるのがポイントになります。

 

次に、企業の即戦力になれるポイントを志望動機に盛り込みます。

 

即戦力、というと技術やスキルがないと働けないんじゃ?と思うかもしれませんね。でも、簡単に言えば「企業の役に立つポイント」をアピールして、志望動機に盛り込むのが、コツといえます。

 

例えば、営業職に応募するなら「人と話すのが好き」「体力がある」「決められた目標に向かうチャレンジ精神がある」などの志望動機がありますよね。これにプラスして、その企業の取り扱っている事業やサービスを盛り込んだ志望動機にするのが有効です。

 

武田
自分がどんな強みを持っているかを分かった上で、上手に志望動機に入れて伝えてみましょう!

 

やってはいけない3つの志望動機の伝え方

 

絶対にやってはいけない志望動機の伝え方は以下の3つです。

 

・その企業や職種でなくても、どんな求人にも使えるもの

・抽象的で内容が分かりにくい

・待遇面に関すること

 

まず、最初に「企業の即戦力になれるポイント」を志望動機に入れて伝えるのが重要、とお話ししましたよね。

 

これと逆で、「どの企業でも使いまわしできる志望動機」を伝えるのは絶対にやめましょう。

 

志望動機を見た面接官や採用担当者が「それって、うちの会社じゃなくてもできるよね」と思われてしまったら、採用されないと考えましょう。

 

次に、抽象的で内容が分かりにくい志望動機は、担当者の心は動かせません!

 

例えば、「貴社の社風に魅力を感じました」だけだと、「どの社風に?」となりますよね。

 

「○○など、ユニークなサービスを展開している創造性の高いところに魅力を感じました」など、具体的に言いましょう。○○の部分には、実際の名前を入れるとより具体的になりますね。

 

最後に、待遇面に関することを志望動機で触れるのはやめておきましょう。

 

給料が高いから、休みが多いから、賞与が2回あるから…などですね。

 

採用担当者は、志望動機から応募した人が、「どんな気持ちで働きたいか」と仕事面での志望動機を求めているからです。

 

もちろん、待遇面が理由で応募する人もいると思いますが、志望動機に待遇面だけを盛り込んで伝えるのはやめましょう。

 

効果的に志望動機を伝える方法とは?

 

効果的に志望動機を伝えられる自信がない、具体的にどんな志望動機を書けばよいか分からない時には、就活エージェントを利用しましょう。

 

就活エージェントを利用すれば、志望動機を効果的に伝える方法や、採用確率が高くなる志望動機を一緒に作成してもらえます。

 

例えば、フリーターを続けていた理由が「就職活動がだるかったから」「前の会社で人間関係が悪くなって辞めたから」などだったら、どうやって志望動機に入れてよいか分からないですよね。

 

企業の即戦力になるポイントも、自分にどんな強みがあるかもわからない人だって少なくありません。

 

特に既卒フリーターの就職に強い就活エージェント、ハタラクティブを利用すれば、フリーターを続けた理由や、企業の即戦力になれるポイントも上手に志望動機に盛り込んで伝えられるようになります!

 

武田
やってはいけない志望動機の伝え方も避けられますので、安心ですね!

 

→ハタラクティブの公式ページで今すぐ無料登録!(30秒)

 

まとめ

 

武田
今回の記事では、フリーターから正社員を目指すうえで、間違いない志望動機の伝え方をご紹介しました!

 

・フリーターを続けた理由や、企業の即戦力になるポイントは必ず入れて伝える。

・志望動機としてやってはいけないのは、どこでも使える、抽象的、待遇面しかない志望動機の3つ。

・就活エージェント、ハタラクティブを利用すれば、効果的に志望動機を伝えられるようになる。

 

初めてのフリーターから正社員への面接も、上手に志望動機を伝えられるようになれば自信をもって受けられます。頑張って下さい!!

 

→ハタラクティブの公式ページで今すぐ無料登録!(30秒)

人気記事

1

  こんにちは。既卒フリーターから自動車部品メーカーの正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   正直にいうと、既卒、フリーター、第二新卒の就職活動は、新卒に比べる ...

2

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   早速ですが、皆さんは既卒の就職活動をサポートしてくれる就活エージェントを使っていますか ...

3

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できまし ...

-就活 フリーター, 就活 エージェント

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.