既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

就活 エージェント 就活 コツ 就活 面接対策

既卒の就活を成功させる「志望動機」の伝え方を元既卒の僕が教えます

投稿日:

 

こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!

 

早速ですが、既卒の就活を成功させるためには、面接官にしっかりと志望動機を伝えなければなりません。

 

とはいうものの、なかなかうまく志望動機を伝えられないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、志望動機の伝え方が分からない既卒・第二新卒の方のご参考になるように、元既卒フリーターから大手自動車部品メーカーへ内定した僕の経験をもとに、「既卒の就活を成功させる志望動機の伝え方」をご紹介していきます!

 

既卒の就活で志望動機が大事な理由!

 

既卒の就活に限らず一般的な転職にも当てはまりますが、志望動機を履歴書に書いたり面接で伝えたりするのはとても大事ですよ。

 

「リクルートの調査」を見ても、企業が採用基準で志望動機を重視していることが分かりますね。

 

人柄:89.4%

企業への熱意:78.3%

今後の可能性:69.9%

性格適性検査の結果:40.6%

能力適性検査の結果:34.9%

学部や学科:25.8%

大学で身に付けた専門性:23.8%

アルバイト経験:23.1%

大学や大学院名:20.0%

大学や大学院での成績:18.1%

語学力:15.6%

取得した資格:13.3%

大学入学以前の経験や活動:13.2%

知識試験の結果:12.2%

 

「企業への熱意=志望動機」ですので、何と8割の企業が重要だと感じています!

 

つまり、志望動機があいまいだと「君は本当にウチの会社に入りたいのかな?」と面接官に思われ、選考に落とされてしまう可能性が高くなるので、きちんと考えて、丁寧に伝えなければいけません。

 

既卒の就活を成功させる「志望動機」の伝え方はコレだ!

 

既卒の就活を成功させるための志望動機の伝え方で、押さえておきたいポイントを3つにまとめてみました。

 

重要なことなので何度も繰り返しますが、志望動機の伝え方で内定をもらえるのかどうか決まると言っても過言ではないので、採用面接を受ける前にしっかりと対策しておいてください。

 

会社ではなく職種ベースで考える

 

まず、志望動機は会社自体ではなく、職種ベースで考えるのがポイントですよ。

 

新卒の場合は「御社の経営理念に惹かれて」等、あいまいな感じで伝えても大丈夫ですが、既卒の就活では評価が下がりやすいので気を付けなければなりません。

 

以下のような感じで、自分が応募する職種に目を向けて考える必要があります。

 

・仕事の特徴を理解してなぜその職種を目指すのか理由を述べる

・なぜその仕事に興味があるのか自分の体験を踏まえて説明する

・仕事に対する熱意をしっかりと伝える

 

武田
僕自身は、「高品質なメイドインジャパンの自動車部品を、世界中の車に載せて安全な車社会を実現したい!」といった感じで志望動機をアピールしました。

 

具体的な目標を伝える

 

既卒者は今までに社会人経験がないため、前職を踏まえた志望動機を伝えることができません。

 

しかし、既卒の就活を成功させたいのであれば、今後の仕事における具体的な目標を同時に伝えなければなりません。

 

・どのような人材になりたいのか?

・どう会社に貢献していきたいのか?

・応募先の企業で自分が活かせるスキルは何なのか?

 

このような点を志望動機で述べれば、「この会社で働きたい!」といった熱意を面接官に伝えることができます。

 

具体的な目標を伝えるためには、業界やその会社について深くまで調べなければならないため、企業のHPや会社四季報を読み込んで、しっかりとアピールしましょう。

 

 

現在進行形で行っている努力を伝える

 

どれだけ魅力的な志望動機を伝えられたとしても、「そのためにあなたは何か努力をしていますか?」と突っ込まれた時に、具体的に何も答えられないと厳しいです。

 

ですので、現在進行形で行っている努力を面接官に伝えましょう。

 

次の2つのパターンを見比べてみて、どちらの既卒者が熱意を持っているのかは一目瞭然です。

 

・私は昔から営業の仕事に興味を持っていました

・営業のスキルを身に付けるためにテレアポのインターンで学びました

 

国家資格の取得など大きなことではなくても、小さなことでいいんです。社会人経験のないハンデを感じさせないように、現在行っている努力を織り交ぜて、志望動機を伝えましょう!

 

まとめ

 

武田
上記3つのポイントをしっかりと守って対策を行えば、魅力的な志望動機を伝えられます!

 

面接の本番の前に、プロの就職エージェントにその志望動機を話して、アドバイスをもらえれば鬼に金棒です。

 

就職エージェントとは、既卒者やフリーターのために、担当のアドバイザーが応募から内定までを徹底的にサポートしてくれるサービスのことです。

 

僕自身も、リーターや既卒者専門の就職エージェントのハタラクティブに相談したおかげで、今の大手自動車部品メーカーに入社できました。

 

・書類選考に通りやすくなる履歴書の書き方を教えてくれる

・企業ごとの面接対策を徹底してフィードバックをしてくれる

・志望動機の伝え方や自己PRの仕方を教えてくれる

 

ハタラクティブのスタッフは、以上のような手厚いサポートを全力でしてくれますので、これから就職活動を始める既卒者やフリーターの方はぜひ利用してみることをおすすめします。全てのサービスは無料で、Web上から30秒で登録できます!

 

今回の記事が、皆さんが正社員として就職・ご活躍するきっかけになればとても嬉しく思います!

 

ハタラクティブ

人気記事

1

  こんにちは。既卒フリーターから自動車部品メーカーの正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   正直にいうと、既卒、フリーター、第二新卒の就職活動は、新卒に比べる ...

2

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   早速ですが、皆さんは既卒の就職活動をサポートしてくれる就活エージェントを使っていますか ...

3

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できまし ...

-就活 エージェント, 就活 コツ, 就活 面接対策

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.