既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

履歴書の書き方

 

こんにちは、僕は晴れて既卒フリーターから正社員になることができた26歳の武田です!

 

既卒の就活で書類選考を通るためには、履歴書の正しい書き方を押さえておかなければなりません。

 

書類選考で落ちると採用面接へと進むことができないので、どのように履歴書を書けば良いのかきちんとチェックしておきましょう。

 

既卒の就活で書類選考に通るための履歴書の書き方をチェック!

 

既に大学や専門学校を卒業した既卒者の場合、就活で新卒と同じような内容の履歴書を書いていると、書類選考で担当者にネガティブな印象を与えてしまいます。

 

そこで今回の記事で、既卒者が就活で使う履歴書の正しい書き方をまとめてみました。

 

・求人情報サイトを使っているけれど中々書類選考に通らない

・何社にも履歴書を送っているけれど、面接まで至らない

 

上記のような悩みを抱えている既卒者は、ぜひ今回の記事を参考にしてみて下さい!

 

履歴書の選び方に気を配る

 

「就活で使う履歴書なんて何でも良いのでは?」と考えている既卒者は少なくありません。

 

しかし、些細なことでも書類選考で落とされる原因となりますので、まず最初に履歴書の選び方に気を配るのが大事ですよ。

 

既卒者やフリーターの場合は、次の履歴書の使用は避けましょう。

 

大学指定の履歴書⇒人事担当者に学生気分が抜けていないのではと思われる可能性がある

市販の履歴書⇒コンビニで販売されているような履歴書は自己PR欄が少なくて職歴欄が長い

 

武田
上記は既卒が就活で使う履歴書としては不利な構成になっていますので、僕は自己PR欄の長い履歴書を購入しました。自己PR欄が長い履歴書は、自分をアピールして売り込むことができるので、職歴がない既卒者におすすめです!

 

履歴書の項目の内容を的確に把握する

 

採用担当者は履歴書から人柄をチェックするため、空白の項目や的外れな記載があると良い印象を与えることができません。つまり、書類選考に通るには履歴書の項目の内容を的確に把握することが重要ですので、ポイントを以下にまとめてみました。

 

・写真:3ヵ月間以内に撮影した写真を貼り付ける

・日付:企業への提出日や投函日の日付が良い

・氏名:自分の名前をふりがな付きで記載する

・現住所:現在お住まいの住所

・学歴・職歴:詳しい内容は職務経歴書に書く

・免許・資格:自分が持っている免許や資格

・自己PR:応募する職務で自分が適していることをアピールする

・本人希望欄:希望条件がある場合に記載する

 

武田
履歴書はあなたの第一印象を左右する書類ですので、文字の丁寧さや写真の貼り付け方など細かい点にも気を配るべきです。

 

職歴欄にアルバイトやパートの経験を記載する

 

初めて就職活動を行う新卒の大学生の場合、当然のように職歴欄は空白で提出しても問題はありません。

 

しかし、卒業から一定期間が経過している既卒者は履歴書の空白期間があると印象が良くないので、職歴欄にアルバイトやパートの経験を記載すべきです。

 

・正社員ではないから職歴欄に記載することはできないのでは?

・非正規雇用の経験を書くのはルール違反なのでは?

 

このように考えている方は意外にも多くいますが、アルバイトやパートの経験を履歴書の職歴欄に書くことはできます。というか書いた方が間違いなく良いです!

 

武田
僕は漫画喫茶でフリーター生活を送っていたので、「平成XX年X月 漫画喫茶○○に入社(アルバイト)」と履歴書に記載しました。

 

履歴書は業務経験を書くのが目的ですので、「空白期間は遊んで過ごしていたのかな?」「何もしていない時期はニートだったのかな?」と思われないように、職歴欄をしっかりと埋めましょう。

 

志望動機に自己PRを織り交ぜて書く

 

既卒の就活において志望動機はとても大切で、履歴書へと書いてアピールしたり面接で自分の口から直接伝えなければなりません。

 

面接官は求職者に対して、「なぜ数多くの企業の中からウチの会社を選んだのか?」といった点を知りたがっています。

 

その答えは志望動機の中にあるため、あなたを雇うことで企業にどんなメリットがあるのか伝えるべきですね。

 

そこで、履歴書の志望動機の欄には単純に他の求人と比べて良いと感じた部分だけではなく、次のように自己PRを織り交ぜるのがポイントとなります。

 

・アルバイトやパートで得た経験をどのように活かせるのか?

・○○といった理由で自分の目標を叶えられる

・アルバイト経験を通して自分には○○の強みがある

 

志望動機に加えて自分との接点や結びつきを探して説明すれば、人事担当者の心に響くような履歴書を書くことができるでしょう。

 

まとめ

 

今回の記事を参考にしていただき、ガンガン履歴書を書いていきましょう!

 

また、現在リクナビNEXTなどの就活サイトだけで就活をしている既卒フリーターの方も多いと思いますが、就職エージェントのハタラクティブをあわせて利用することもとてもおすすめです!

 

ハタラクティブとは自分にマッチングする求人を紹介してくれたり、あなたが書いた履歴書の添削をしてくれたりと、就活を徹底的にサポートしてくれるサービスです。

 

そんな僕自身も、ハタラクティブの紹介で既卒フリーターから正社員になることができましたので、履歴書の添削サービスや面接対策を受ける目的でぜひ一度利用してみてください。サービスはすべて無料で、1分で登録可能です!

 

今回の記事が、皆さんが正社員として就職・ご活躍するきっかけになればとても嬉しく思います!

 

ハタラクティブ

更新日:

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.