既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

就活 フリーター 就活 エージェント 就活 コツ

フリーターと正社員の年収の違いがヤバすぎてフリーターを脱出した件

更新日:

 

こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!

 

武田(昔)
フリーターとしての生活を僕が送っていた時は、それなりにシフトに入っていました。

 

武田
しかし、正社員になっていざ働いてみると、年収の違いがヤバすぎて驚きを隠せません。

 

「自分はフリーターだけど、シフトを多くすればたくさん稼ぐことができる」と考えている方はたくさんいます。

 

アルバイトの時給によって大きく変わりますが、正社員と比較すると見劣りするのは紛れもない事実ですね。

 

今回の記事ではフリーターと正社員の年収の違いについて説明していますので、正社員を目指している方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

フリーターと正社員の年収の違いがヤバすぎてフリーターを脱出した件

 

フリーターは時間の融通が利く働き方ができますので、「正社員よりも楽だよな〜」「残業がないのが良いね」と考えている方は少なくありません。

 

残業や休日出勤がないのが良いのですが、フリーターと正社員は年収に大きな違いがありますよ。

 

武田
僕はこの年収の違いに驚きを隠せなかったため、努力して既卒フリーターを脱出して正社員になりました。

 

人生はお金が全てではないものの、年収が高ければ高いほどこんなメリットがあります。

 

・必死になって節約をしなくてもゆとりのある生活を送ることができる

・好きな物や欲しい物を買うことができる(自分に使えるお金が増える)

・住宅ローンや投資ローンを組む際に安い金利でお金を借りられる

・素敵な人と結婚できる確率が高くなる

 

年収の高さに焦点を当てるのであれば、フリーターよりも正社員の方がはるかに良いのは紛れもない事実ですね。

 

武田
以下にフリーターと正社員の年収の違いについて更に詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

将来的にもらえる賃金に差が出る

 

 

厚生労働省が出した統計によると、2015年度の学歴別の初任給として次のデータが出ていました。

 

・高校卒業者は平均して16万9千円

・短大や専門学校卒は平均して17万6千円

・大卒は平均して20万2千円

 

フリーターでも時給1,000円で1日8時間労働、1週間に5日のペースで働いていれば月収20万円付近には到達します。

 

「正社員とはそこまで変わらないよね?」と考えがちですが、将来的にもらえる賃金には大きな差が出やすいのです。

 

さらに以下に、厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査の概況で、雇用形態別の賃金の格差をまとめてみました。

 

<正社員の年収>

20歳〜24歳:204万円

25歳〜29歳:240万円

30歳〜34歳:276万円

35歳〜39歳:309万円

40歳〜44歳:345万円

45歳〜49歳:381万円

50歳〜54歳:402万円

55歳〜59歳:392万円

60歳〜64歳:312万円

 

<正社員以外の年収>

20歳〜24歳:173万円

25歳〜29歳:192万円

30歳〜34歳:200万円

35歳〜39歳:204万円

40歳〜44歳:201万円

45歳〜49歳:204万円

50歳〜54歳:202万円

55歳〜59歳:206万円

60歳〜64歳:226万円

 

このデータを見てみると、アルバイトやパートで働く人たちの年収が年齢を重ねても全く上がらないことが分かりますね。

 

「20代の正社員の友達と比べても収入は見劣りしていない」というフリーターの方はいますが、生涯年収が大きく違うと頭に入れておきましょう。

 

お金以外にも保障に違いがある

 

フリーターと正社員とでは年収だけではなく、保障にも違いがあります。

 

老後にもらえる年金額で比較してみると、このような違いがありました。

 

・正規雇用の場合は納める年金の半分程度を会社が負担してくれる

・非正規雇用や自営業の人は全額を支払わないといけない

・老後にもらえる年金の額は正社員の方が3倍近くも多い

 

若い間は体力がありますのでフリーターとしてバリバリ働くことができても、年齢を重ねるにつれて体力が低下して自分のできる仕事が限られます。

 

働く日数が少なくなればそれだけ収入は減りますし、怪我や病気になっても保障がないのが大きなデメリットです。

 

武田
今もらっている年収だけではなく将来の保障を総合的に考えると、フリーターを脱出して正社員を目指した方が良い理由はお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

武田
フリーターと正社員はスタートラインの年収は一緒でも、将来的にもらえる生涯年収には大きな差が出ます。

 

しかも、正社員の方がはるかに手厚い保障を受けることができますので、若いうちにフリーターを脱出するのは選択肢の一つですよ。

 

僕は就職エージェントのハタラクティブのおかげで、既卒フリーターから大手自動車部品メーカーの正社員として働くことができるようになりました。

 

全てのサービスを無料で利用できるのにもかかわらず、自分に合う仕事を紹介してくれたり面接のコツを伝授してくれたりと徹底的なフォローを受けられます。

 

「このままフリーターの生活は送りたくない」「少しでも年収を増やしたい」と考えているフリーターの方は、ぜひ一度ハタラクティブを利用してみてください。

 

→ハタラクティブの公式ページで今すぐ無料登録!(30秒)

 

今回の記事が、皆さんが正社員として就職・ご活躍するきっかけになればとても嬉しく思います!

 

ハタラクティブ

人気記事

1

  こんにちは。既卒フリーターから自動車部品メーカーの正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   正直にいうと、既卒、フリーター、第二新卒の就職活動は、新卒に比べる ...

2

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   早速ですが、皆さんは既卒の就職活動をサポートしてくれる就活エージェントを使っていますか ...

3

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できまし ...

-就活 フリーター, 就活 エージェント, 就活 コツ

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.