既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法!

2014年に大学を卒業後就職せず(できず)、既卒フリーター生活に。「このままじゃ将来ヤバい…」と本腰を入れて就職活動をした結果、2016年にホワイト企業の正社員へ! 既卒フリーターの皆さんの就職活動が成功するよう、自分の経験をご紹介していきます!東京在住26歳男子。海外旅行、音楽、お酒が好きです。

就活 コツ 就活 面接対策

既卒の就活では何をアピールすべき?大手に内定した僕の作戦!

投稿日:

 

こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!

 

既卒の就活で内定を獲得するには、自分を面接官や採用担当者へと上手くアピールしなければなりません。

 

武田
実際に何をアピールすれば成功へとつながるのか、大手に内定した僕の作戦を参考にしてみてください。

 

既卒の就活で自己PRが大事な理由は?

 

既卒の就活では自己PRが非常に重要です。その理由は以下の通りです。

 

・採用担当者は会社に役立つ人材を探している

・既卒者は今後の成長の可能性で採用不採用が判断されやすい

・やる気や熱意をアピールすると面接官の心に突き刺さりやすい

 

僕は特別な資格やスキルを持っていたわけではありませんでしたが、就活で自己PRには力を入れました。

 

そのおかげで大手に内定を貰うことができたので、履歴書や面接の自己PRは特に意識すべきです!

 

既卒の就活では何をアピールすべきなの?大手に内定した僕の作戦を公開!

 

自己PRと言っても、具体的に何をアピールすべきなのか分からないと悩んでいる既卒者はいませんか?

 

そんな人のために、以下に既卒の就活でアピールすべき内容やコツについてまとめてみました。

 

大手に内定した僕の作戦をいくつか紹介していますので、「なかなか就活が上手くいかないなぁ」「書類選考で跳ねられることが多いなぁ」という方はぜひチェックしてみて下さい!

 

空白期間の理由を上手くアピールにつなげる

 

既卒者が就活でつまづきやすいのは、「空白期間があること」が大きな理由となっています。

 

「職歴のない期間(空白期間)は何をして過ごしていましたか?」といった質問をする面接官がほとんどであることからも、この質問への回答が重要であることが見てとれます。

 

武田
繰り返しますが、この空白期間の理由を上手くアピールするのが就活を成功へと導く秘訣なので、具体的に何をすれば良いのか僕の経験を元にまとめてみました。

 

・なぜ自分が既卒になってしまったのか原因を分析する(何となくといった理由はNG)

・その原因を克服するために何が必要なのかイメージして考える

・失敗を克服するためにどんな努力をしてきたのか語る

・努力の結果、何を得ることができたのか説明する

 

職歴のない空白期間があるだけで、「あなたは不採用ですね」と企業から断られることは絶対にありません。既卒になった理由の説明や努力してきたことをアピールすれば、空白期間を補うことができます。

 

応募先の企業で活かせる経験をアピールする

 

応募先の企業で活かせる経験をアピールするのは、内定を獲得する上で必須です。

 

業種や職種に直接関連する知識やスキルを持っていないとしても、活用できそうな経験をアピールするだけでも面接官へと好印象を与えられます。

 

武田
僕のようにアルバイトやパートをしていた既卒者であれば、次のように今までの経験をアピールできるでしょう。

 

・ホームページの作成や更新のアルバイトをしていましたのでWEB広告会社に応募しました

・マーケティングの企画の経験があり、御社でも役立つのではないかと考えています

・私は接客のアルバイトを通して、社会人としての基本のビジネスマナーを身に付けました

・塾でのアルバイトで子供たちに勉強を教えるだけではなく、受講生増加のための販促ツールの作成に力を入れました

 

些細な経験やスキルだからと引っ込み思案にならず、面接官へと失礼のない程度の自信を持って振る舞ってみてください。

 

人柄の良さをアピールする

 

社会人経験を持たない既卒者でも、人柄の良さは人事担当者へとアピールできます。

 

既卒者が業務にまつわる知識や資格を持っていないことは担当者も把握していますので、採用する時に重視する点は、すでにキャリアのある転職者とは大きく異なるのです。

 

企業が既卒者を採用する際にどんなところを重視しているのか見ていきましょう。

 

・人柄が良くてコミュニケーション能力が高い

・素直さがあって育てやすい

・入社意欲が高くてやる気に満ち溢れている

・会社の社風とマッチしている

 

新卒と比べて既卒者は年齢を重ねていても、20代であれば十分に今後の成長は期待できます。

 

これから会社に欠かせない人材へと成長する可能性が高いため、入社後の成長やポテンシャルを採用基準と定めているわけですね。

 

 

一方で、「コミュニケーションが取れない」「素直さがない」「意欲がない」といった人は落とされてしまうケースが多いので、ぜひとも人柄の良さをアピールしてみてください!

 

まとめ

 

以上のように空白期間に努力してきたことやアルバイトの経験は、既卒の就活で応募先の企業へと効果的にアピールできます。

 

さらに、自分の強みを知るには深く自己分析をしなければならないため、客観的に判断する目的で就職エージェントのハタラクティブを利用してみると最強です。

 

ハタラクティブでは独自の自分発見カウンセリングにより、自分の強みや向いている仕事を把握できます。

 

僕自身もハタラクティブの紹介で大手自動車部品メーカーの子会社(残業なしホワイト企業)の営業として入社できました!サービスはすべて無料で、登録も1分でできますので、既卒で就活をしている方は、ぜひ一度相談してみてください。

 

今回の記事が、皆さんが正社員として就職・ご活躍するきっかけになればとても嬉しく思います!

 

ハタラクティブ

人気記事

1

  こんにちは。既卒フリーターから自動車部品メーカーの正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   正直にいうと、既卒、フリーター、第二新卒の就職活動は、新卒に比べる ...

2

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!   早速ですが、皆さんは既卒の就職活動をサポートしてくれる就活エージェントを使っていますか ...

3

  こんにちは。既卒フリーターから正社員になり、もうすぐ3年目を迎える26歳の武田です!僕は、既卒フリーター歴2年というハンデを背負いながらも、大手自動車部品メーカーの子会社へと入社できまし ...

-就活 コツ, 就活 面接対策

Copyright© 既卒フリーターの僕がホワイト企業の正社員になれた方法! , 2021 All Rights Reserved.